前へ
次へ

損害賠償保険に加入することの利点

他人に損害を与えてしまった場合、民法上の不法行為責任を負ってしまいます。
生じた損害は、金銭で加害者が被害者に支払わなければならない責任があるため、時には高額な債務を負ってしまいます。
自分は気を付けているから大丈夫と思っていても、故意だけではなく過失で他人に損害を与えることはありますので、軽く考えるのではなく対策をしておいた方が万が一の時に困りません。
そして、自分が行うことのできる対策は、損害保険に加入することです。
損害保険は、条件を満たせば損害賠償金として保険会社が代わりに負担をしてくれます。
掛け金を支払わなければなりませんが、それよりもはるかに高額になる支払いにも充当できるため、被害者に対して損害賠償金を支払えないということにはなりません。
そして、保険に加入することは、損害を金銭で填補できる点で被害者のためにもなります。
そのため、他人を巻き込む可能性を考え、保険に加入して備えた方が良いです。

Page Top