前へ
次へ

損害賠償の手続きの時効は要注意

手続きによっては、締め切りが決まっている事があります。
指定の日までに手続きを済ませないことには、面倒な事態になってしまう事もあるので、注意が必要です。
例えば借金の返済です。
借金には返済日がありますが、その日までに支払わなかった時には、面倒な事態になりかねません。
つまり締め切りまでに支払う必要がある訳です。
実は、損害賠償にも締め切りはあります。
そもそも損害賠償には時効があって、決められた日までに手続きを済ませなければなりません。
賠償金は、何かのトラブルが原因で支払う事になります。
ですから、基本的にはトラブルの発生日が基準になります。
トラブルが発生した日から数えて、一定の日数が経過してしまいますと、肝心のお金が支払われなくなってしまう訳です。
いわゆる時効です。
借金の返済は早めに済ませる必要がありますが、それは賠償金の手続きも同様です。
早めに手続きを済ませておかないと、支払われなくなる可能性があるので、注意が必要です。

Page Top